レンガ花壇DIY(基礎編)

家の玄関周りの駐車場に緑が少ないため植栽するのにレンガで花壇をDIYしようと思い下記サイトを参考に完成しましたので備忘録致します。サイトの管理人さん有難う御座いました。 DIY日曜大工で家をつくる zurap.jp        施工前の玄関と駐車場                 花壇計画図面 dscn6129  %e7%8e%84%e9%96%a2%e8%8a%b1%e5%a3%87%e5%9b%b3%e9%9d%a2 家の正面には、浄化槽があり上下水の配管が花壇設置場所に横断しておりこれを避けて基礎をしレンガを積む必要があったので上記図面のように少し異形な花壇となります。       家から浄化槽へ向けての下水管           花壇スポットライト用電気配管 dscn6197  dscn6231 花壇の樹木にスポットライトをあて間接照明計画のため事前に電気用配管(φ16用フレキ)と電線(VVF1.6mm)を埋め込みました。           花壇基礎砂利敷き             コンリートレンガ設置(隙間を砂利埋め) dscn6274  dscn6326 図面のようにレベルより210mmぐらい掘削して約100mm砂利を敷きましたその上にモルタル15mmを引きコンクリートレンガ(200mm×100mm×60mm)を敷き花壇の基礎としました。これも配管を傷めないように配管より外さなければならなかったので基礎のコンクリートレンガは、縦置きと横置きとなりました。      コックリートレンガ間砂利セメント埋め          コンクリートレンガ基礎完成 dscn6327  dscn6362 コンクリートレンガ間は、約20mmぐらいにし砂利を入れインスタントセメント剤を充填し後で水をかけて固めました。これでレンガを積む為の基礎が完了です。
スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告