Windows7 PCでMRTG構築 < Cisco機器 設定編 >

CiscoのWS-C2960GのトラフィックMRTGを取得するようにcfgmakerのコマンドを使用して設定してみます。
1.cfgファイルの作成 (例) ・コミュニティー名 : public ・監視対象IPアドレス : 192.168.24.10 ・MRTG展開ファイル保存先 : C:\xampplite\htdocs\mrtgdata ・作成するcfgファイル名 : C2960-24-10.cfg
上記の設定でcfgmakerを使用でいてcfgファイルを作成します。コマンドは、下記の様になります。
cfgmaker public@192.168.24.10 --global "WorkDir: C:\xampplite\htdocs\mrtgdata" --output C2960-24-10.cfg

2.上記1のコマンドを実行するとインターフェイスがenableになっているポート全ての情報を取得しcfgファイルが作成されますのでそれを編集して1ポート目だけを監視できるよう編集してみました。
[編集後のcfgファイル]
# Created by 
# cfgmaker public@192.168.24.10 --global "WorkDir: C:\xampplite\htdocs\mrtgdata" --output C2960-24-10.cfg


### Global Config Options

#  for UNIX
# WorkDir: /home/http/mrtg

#  or for NT
WorkDir:C:\xampplite\htdocs\mrtgdata

### Global Defaults

#  to get bits instead of bytes and graphs growing to the right
# Options[_]: growright, bits

EnableIPv6: no

######################################################################
# System: C2960-24-10
# Description: Cisco IOS Software, C2960S Software (C2960S-UNIVERSALK9-M), Version 12.2(58)SE2, RELEASE SOFTWARE (fc1)
#          Technical Support: http://www.cisco.com/techsupport
#          Copyright (c) 1986-2011 by Cisco Systems, Inc.
#          Compiled Thu 21-Jul-11 02:22 by prod_rel_team
# Contact: 
# Location: 
######################################################################

### Interface 10101 >> Descr: 'GigabitEthernet1/0/1' | Name: 'Gi1/0/1' | Ip: '' | Eth: '64-ae-0c-03-b6-01' ###
Options[192.168.24.10_10101]: growright bits
Target[192.168.24.10_10101]: 10101: public@192.168.24.10:
SetEnv[192.168.24.10_10101]: MRTG_INT_IP="" MRTG_INT_DESCR="GigabitEthernet1/0/1"
MaxBytes[192.168.24.10_10101]: 125000000
Title[192.168.24.10_10101]: Traffic Analysis for 10101 -- C2960-24-10
PageTop[192.168.24.10_10101]: <h1>Traffic Analysis for 10101 -- C2960-24-10</h1>
		<div id="sysdetails">
			<table>
				<tr>
					<td>System:</td>
					<td>C2960-24-10 in </td>
				</tr>
				<tr>
					<td>Maintainer:</td>
					<td></td>
				</tr>
				<tr>
					<td>Description:</td>
					<td>GigabitEthernet1/0/1  </td>
				</tr>
				<tr>
					<td>ifType:</td>
					<td>ethernetCsmacd (6)</td>
				</tr>
				<tr>
					<td>ifName:</td>
					<td>Gi1/0/1</td>
				</tr>
				<tr>
					<td>Max Speed:</td>
					<td>125.0 MBytes/s</td>
				</tr>
			</table>
		</div>

実際の上記のコードの表示でありませんが下記のようなイメージになります。
3.上記cfgファイルで取得したMRTGグラフが実際のデータと相違があるようなので調べてみるとSNMPv2cを使用しないと精度が上がらないようである。
UNIXサーバメモメモ > ホーム > サーバ > MRTG mrtg.cfg を参考にさせて頂き抜粋記載させて頂きました。 ---------------------------------------------------------------------------------------------------- Target[識別子] 監視対象のインタフェイス番号:コミュニティ名@アドレス ※入力と出力のグラフを逆にしたい場合はマイナスを(例 -1: public@router) ★出力したグラフで、トラフィックの多い所で途切れてしまう場合→SNMPv2cを使用 →最後に:::::2をつけることでSNMPv2を使用(例 1: public@router:::::2) 解説(高速なルータ等の場合SNMPv1ではダメなことがあるらしい。SNMPv2cを使用することでトラフィックのピーク時グラフがうまく表示できないといったことは解決できるが、全てのデバイスがSNMPv2cをサポートしているとは限らない) ----------------------------------------------------------------------------------------------------
4.htmlタグも編集して若干見やすいように編集してSNMPv2cを使用する設定にしてみた。
[編集後のcfgファイル]

#########################################################
#                                            #
# MRTG DataTraffic                    #
#                                            # 
#########################################################
#SysName:Catalyst  C2960-24-10
#RouterName:Catalyst  C2960-24-10
#IpAddress:192.168.24.10
#Comment:2012/06/05
WorkDir: C:\xampplite\htdocs\mrtgdata
#Language: utf-8
Language: euc-jp
Options[192.168.24.10.10101]: growright bits
Target[192.168.24.10.10101]: 10101: public@192.168.24.10:::::2
MaxBytes[192.168.24.10.10101]: 125000000
Title[192.168.24.10.10101]:サーバルーム(C2960-24-10 1/0/1) DATA通信量
PageTop[192.168.24.10.10101]:<body BGCOLOR="#e3e3ff"><table COLS="4" WIDTH="100%" HEIGHT="8%">
  <tr>
    <td ALIGN="CENTER" WIDTH="30%" BGCOLOR="#00AA00"><font size="+1" color="#FFFFFF">C2960-24-10 1/0/1</font></td>
    <td ALIGN="CENTER" WIDTH="20%" BGCOLOR="#00AA00"><font size="+1" color="#FFFFFF">回線速度 : 1000 M</font></td>
    <td ALIGN="CENTER" WIDTH="30%" BGCOLOR="#00AA00"><font size="+1" color="#FFFFFF">IP Address : 192 . 168 . 24 . 10</font></td>
    <td ALIGN="CENTER" WIDTH="20%" BGCOLOR="#00AA00"><font size="+1" color="#FFFFFF">DATA通信量</font></td>	
  </tr>
 </table>
 <hr> 
 <TABLE>
   <TR><TD>System:</TD><TD>C2960-24-10</TD></TR>
   <TR><TD>Maintainer:</TD><TD>SDS</TD></TR>
   <TR><TD>Interface:</TD><TD>GigaEthernet 1/0/1</TD></TR>
   <TR><TD>IP:</TD><TD>No hostname defined for IP address (192.168.24.10)</TD></TR>
   <TR><TD>Max Speed:</TD>
       <TD>1000 MBits/s </TD></TR>
  </TABLE>
#---------------------------------------------------------------
実際の上記のコードの表示でありませんが下記のようなイメージになります。

スポンサーリンク
広告
広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告